WIMAX

【WIMAX2+とLTEの違い!】LTEの方がつながりやすいって本当?

ワイ君
ワイ君
WIMAX2+っていう回線とLTEっていう回線は違うって聞きました。WIMAXはやっぱりWIMAX2+の回線なんですよね。
ファイ先生
ファイ先生
そうだね。基本的にはWIMAX2+の回線を利用してネット接続するよ。
ワイ君
ワイ君
WIMAX2+より+LTEの方が実はつながりやすいって聞いたんですが本当でしょうか。
ファイ先生
ファイ先生
なるほど、そういう話ね。ちょっと説明しようか。

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

WIMAX2+よりLTEの方がつながりやすいは本当のこと

「WIMAX2+」より「LTE」回線の方がつながりやすいのは本当です。

じゃあWIMAX2+よりLTEの方がやはりおすすめなのか。もう少し詳しく説明しましょう。

 

LTEの方が周波数が低いので障害物に強い

LTEの周波数はWIMAX2+より低いので、障害物を回り込んで電波が届きやすいんです。

WIMAX2+とLTEの違い

 WIMAX2+LTE
周波数5GHz、2.5GHz2GHz以下
障害物弱い強い
速度最大約1Gbps最大200Mbps
通信容量無制限7GB

上の表を見てください。WIMAX2+よりLTEの方が周波数が高いことがわかるかと思います。

一般的に、周波数が低い電波のほうが建物を回り込んだり、障害物に強い性質があります。よって、LTEが比較的つながりやすいとされています。

 

だからLTEがWIMAX2+よりおすすめはウソ

だからって、LTEの方がWIMAX2+の回線よりおすすめというわけではありません。

先ほどの表では、LTEの方がWIMAX2+より周波数が低くてつながりやすい、という話でした。

ただデメリットもあり、LTEはつながりやすい分、たくさんのユーザーが回線を利用しているので毎月の通信使用料に制限をかける必要があります。

もう少し詳しく説明しましょう。

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

WIMAX2+とLTEの2つの違い

WIMAX2+とLTEには大きく2つの違いがあります。

この2つを覚えておき、どちらの回線が使いやすいかを把握しましょう。

 

① WIMAX2+の高周波数とLTEの低周波数

WIMAX2+は高周波、LTEは低周波数の電波を利用してネットを使用できます。簡単にいうと、LTEの方が障害物に強くてつながりやすいです。

WIMAX2+とLTEの違い

 WIMAX2+LTE
周波数5GHz、2.5GHz2GHz以下
障害物弱い強い
速度最大約1Gbps最大200Mbps
通信容量無制限7GB

確かにLTEの回線は、700~900MHzの低い周波数を利用していることが多く、建物内部や地下などでつながりやすいとされています。

でも、だからといって絶対LTEがおすすめ!というわけではないんです。LTEは主に携帯の電波として広く利用されていて、もう回線数がパンパンなんです。

つまり、回線がありすぎるので携帯会社はユーザーに速度制限7GBをつけたり、大容量プランの高額化をすすめるしかないんです。

ひと昔前のWIMAX回線はLTEに比べると繋がりにくかったです。しかし今は電波塔も増加されてきて、接続しやすさに大きな違いはなくなってきました。

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

② 最大速度はWIMAX2+の方が速い

上の表から見てわかるように、WIMAX2+の最大速度はLTEの通信より断然速いです。

基本的に、現代ではどちらの回線も安定化が進んでいるので、最大速度差でそこまで大きな違いは出てきません。

といっても、やはり最大速度が大きい方が通信の快適さも大きいです。一つの判断材料にはなるでしょう。

 

【結局】WIMAX2+の方がLTEよりおすすめできる2つの理由

いろいろお伝えしましたが、結局WIMAX2+の方がLTEより断然おすすめです。理由は以下の2つ。

WIMAX2+の方がLTEよりおすすめの理由

① WIMAX2+はネットの通信無制限、LTEは「1か月に7GB」の制限

② WIMAX2+は今人気でエリアも順次拡大中

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

① WIMAX2+はネットの通信無制限、LTEは「1か月に7GB」の制限

WIMAX2+はネットの通信容量が無制限ですが、LTEは「1か月に7GB」の制限が一般的です。つまりWIMAX2+はネットし放題なんですね。

1GBでできること

通信使用1GBでできること
Youtube高画質(HD)90分
Youtube低画質5時間30分
LINEトーク50万回
サイト閲覧3,500回

上の表を見てください。1GBでできることを挙げてみました。Youtube高画質だと1GBって90分で到達してしまうんです。

1か月は30日あるのに、少しでも動画見ただけでこんなに通信を使ってしまうのはもったいないです。ネットするのに遠慮も出てきます。

しかし、WIMAX2+はネットの通信容量が無制限なんですね。つまりいつでもネットはし放題に利用できます。

どうせ利用するならネット無制限に利用した方が楽しいと思いませんか?

特に1か月に通信制限量が決まってる時の、通信を気にする必要がない。というだけで快適にネット生活ができます。

 

② WIMAX2+は今人気でエリアも順次拡大中

WIMAX2+の回線は、今もなおエリア順次拡大中です。

2015年2月から始まった「WIMAX2+」の回線は、現在増え続けている契約者数に対応するために、なおエリアも増やし続けています。

UQ WIMAXのエリア改善への取り組み

WIMAX2+は、まだ開始して時間も浅いにも関わらず、かなりの地域でネット接続ができるようになっています。

しかし、やはり主要な都市や町が優先的にエリア拡大の対象となるので、まだ地方や山間部ではエリア外である地域もあります。

エリア改善については、UQ WIMAXのサイトで要望をすることもできます。エリア検索を行って、エリア外と判断されたら要望をする方が良いでしょう。

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

WIMAXを「WEB正規代理店」を経由して安く購入できる

WIMAXをショップや電気店で申し込むのはおすすめできません。

WIMAXは必ず「WEB正規代理店」から申し込みを行いましょう。理由は3つです。

WIMAXをWEBから申し込む理由

① キャッシュバックの金額が圧倒的に違い、店頭だと損をする

② 電気店、ショップ、WEBどこで買っても同じ機種

③ セットで何か買わされる心配がない

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

① キャッシュバックの金額が圧倒的に違い、店頭だと損をする

【2019年11月現在】

WIMAXをWEBで申し込むとかなりキャッシュバックやキャンペーンが大きいです。

WEB正規代理店と電気店との比較

 WEB電気店
ショップ
メリット特典がでかい直接話が聞ける
デメリット相手の顔が見えないセット購入が多い
断りにくい
メリットの理由人件費かからないから店員の方がいるから

WEBが電気店やショップよりお得なのには理由があるんです。電気店やショップも多くの店員の方を雇っています。

それはそれで私たちも説明してもらうときはうれしいのですが、店員の方々も働いているので給料=人件費が必要です。

この人件費が最も商売でコストがかかるものですが、「WEB正規代理店」には人件費がほぼないんですね。

WEB正規代理店はネット限定で契約を行っているので、人もそこまで必要とせず、広告もほとんど出していません。なので浮いたお金を、私たちユーザーに還元できるんです。

広告も出していないし、電気店で教えられるわけないので皆知らないんです。なのでここで伝えられて本当にうれしいです。

「WEB正規代理店」は人件費がない分、ユーザーに還元できるキャンペーンが大きくなる。

 

② 電気店、ショップ、WEBどこで買っても同じ機種

WIMAXを契約する場所はたくさんありますが、どこで契約しても手に入るのは同じ機種なんです。

というのもショップで買っても、WEBで買っても、もらえるのはUQ WIMAXの回線を利用した同じ機種です。

よく勘違いされやすいのですが、違うプロバイダで買ったから速度で差が出てくることはい一切ないです。同じWIMAX回線ですから。

なのであとはどこで差をつけるかというと、やっぱりキャンペーンなんですね。

①で詳しく説明はしましたが、以上の理由からWEBで契約がいいでしょう。

電気店、ショップ、WEBのどこで買っても届くのは同じ機種

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

③ セットで何か買わされる心配がない

WIMAXを契約できるショップや電気店は説明もしてくれ、便利ではあります。

ただ店員の方も商売ですから、あれやこれやと買ってほしいと考えています。そういうのはけっこう面倒です。

たくさん話してるうちに気分もよくなって「どうせなら買っちゃおうかなー」と必要ないものを購入しちゃう人もいるのでは?営業とか特にそうですよね。

しかし必要ないものは必要ありません。自分がほしいものだけに焦点絞るためにもネットのほうが良いです。

WEBだと欲しいものだけ買える。セットでいらないものを買わされる心配もない。

 

WIMAXの契約プロバイダは「Broad WIMAX」一択です。

Broad WIMAX

WIMAXの契約できるプロバイダも競争が年々激しくなってきています。その都度おすすめできるプロバイダを紹介していこうと考えています。

【2019年11月現在】

契約するWIMAXプロバイダは「Broad WIMAX」で決定です。

押しのプロバイダがBroad WIMAXの理由
  1.  3年間の総合料金が最も安い
  2.  8日以内のクーリングオフ制度で返品可能
  3.  特典をもらう条件がやさしい

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

① 3年間の総合料金が最も安い

Broad WIMAXは、3年間の総合料金が最も安くて損をしません。

WIMAXを契約するのはWEBという話は先ほどしましたが、どのWEBサイトでも良いというわけではありません。

同じWIMAXを契約するにも、契約先プロバイダによってキャンペーンが違うんです。その中でもBroad WIMAXが大きいんですが、下の表をみてください。

プロバイダ別:3年間総合料金とキャッシュバック

 実質料金/3年キャッシュバック実質月額
Broad
WIMAX
125,215円0円3,478円
So-net129,699円0円3,602円
GMO131,874円32,050円3,663円
カシモ132,690円0円3,685円
UQ
WIMAX
149,427円10,000円4,150円

GMOはキャッシュバックがあって、一見お得!?と思うかもですが、総合料金でいえば、Broad WIMAXには適いません。

なぜ安いのかはいろいろあり、③にもつながりますがBroad WIMAXは大企業なのが大きいです。その分お金も実績もありますから、大きいキャンペーンを展開できます。

なぜ安いかというと、WEB限定申しこみだからです。Broad WIMAXは店舗販売も行っていますが、基本はネットだけで運営しています。

つまり、店舗費も節約、人件費がほぼかからないんですね。なので特典にまわってくるお金が多くなり、私たちユーザーの負担額が安くなるんです。

WEB限定申し込みだから、支払うお金が少なくなるってことですね。

  •  Broad WIMAXは3年間の総合料金が最も安い
  •  総合料金を安くできるのはWEB限定申し込みだから。WEB限定にしてるのは人件費節約のため。つまり、総合料金が安いのは、人件費をかけていないから。

 

② 8日以内のクーリングオフ制度で返品可能

8日以内の申請で契約キャンセルが可能

WIMAXにはクーリングオフ制度があります。それは契約した書面をもらった日から8日以内なら契約解除できる制度です。※初期費用3,000円だけは必要

WIMAXを契約解除する理由のほとんどが「速度が遅い!」って人なんです。

そこで初期契約解除といわれるクーリングオフを使うわけなんです。これは法律で決められているんですね。

「やっぱり思っていたのと違ったな」と思ったら、端末到着8日以内に申請を行って、商品一式を返却できます。(端末が入っていた箱もです)

  •  事務手数料3,000円と返送料は自己負担
  •  商品が破損していた場合は20,000円がかかる

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

③ 特典をもらう条件がやさしい

Broad WIMAXでは、特典をもらう条件がやさしくてラクです。

Broad WIMAXの特典は大きく3つあります。

Broad WIMAXの特典
  1.  初期費用18,857円⇒0円にする制度
  2.  端末代金0円特典
  3.  他社WIFI違約金負担サービス

 

① 初期費用18,857円⇒0円にする制度

通常18,857円かかる初期費用が2つの条件で完全無料になります。

初期費用0円にする条件
  •  支払いは「クレジットカード」払いにする
  •  2つのオプションサービスに入る

支払いを「クレジットカード」払いにするのは簡単です。ほとんどの方が行っています。

気になるのは2つのオプションサービスですが、「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」です。

「My Broadサポート」は、WIMAXについて不明なことがあるときに聞くことができるサービスです。

「安心サポートプラス」は、WIMAXが壊れたときに直してもらえるサービス。保険ですね。

2つのオプションサービスは、端末到着後にすぐ解約してしまいましょう。それでOKです。

 

② 端末代金0円特典

初期費用0円!Web割キャンペーン

Broad WIMAXでは端末代金が、最新機種でも完全に0円です。

条件は全くありません。20,000~40,000円相当するWIMAXがタダになるのでかなりお得です。

 

③ 他社WIFI違約金負担サービス

違約金当社負担!

他社WIFIサービスから乗り換える際の違約金19,000円分を負担してくれます。

WIMAX会社でこのサービスがあるのは「Broad WIMAX」だけです。

ポケットWIFIは工事不要ですぐ使えて、どこでも使えるのがメリットです。しかし辞めるときはやはり解約金がかかります。

男性の口コミ
男性の口コミ
WIMAXに乗り換えようかな

今契約中のポケットWIFIを解約して、WIMAXにしたい人にはお得な特典です。

 

 

まとめ

 

まとめ

WIMAX2+より、LTEの回線がつながりやすいというのは本当の話です。ただし、だからといってLTEの方がおすすめ!にはなりません。

LTEは周波数が低く障害物に強く、昔からあってエリアも広い。しかし携帯の電波に広く使われているので回線がパンパンになっています。

しかしWIMAX2+はまだ新しい回線なので、十分回線も空いていて無制限にネット通信が行えます。さらにエリアも順次拡大中。

街中でWIMAX2+の電波が届かない場所はもうほとんどありません。さらにWIMAX2+の方が最大速度が大きいので、より快適にネットが使えます。

2019年11月現在、WIFIの契約におすすめなWEB代理店、機種、契約プランは以下の方法です。

一番大事なことはここ読めば正直全てわかります。

WIFIのおすすめ契約方法
  •  WEB正規代理店:「どんなときもWiFi
  •  料金:3,480~3,980円(端末はレンタル)
  •  機種:D1(下り最大速度150Mbps)
  •  料金プラン:シンプルプラン(2年契約

本記事を読んでいただきありがとうございました。良ければ↓に「WIFI代理店ランキング」も作成したので、申し込み先の参考にしてくださいね。

 

WIFI おすすめ正規代理店ランキングベスト3

ランキング
ファイ先生
ファイ先生
WIFIはWEB正規代理店で申し込みが最もおトクな方法なんだ。これに尽きる! 
ワイ君
ワイ君
なんでですか?
ファイ先生
ファイ先生
WEB正規代理店は人件費がかからず、浮いたお金を私たちお客側に還元できるんだ。だからその分キャンペーン額も大きくなるんだ。

 

2019年3月に登場した「どんなときもWIFI」はWIMAXと比較して、完全に【買い】です。

実際に「どんなときもWIFI」と「WIMAX」の2台持ちで比較します

どんなときもWIFI WIMAX 2台持ち
  •  データ無制限でネット使い放題
  •  月額料金3,980円で利用可能
  •  トリプルキャリアでどこでも使える

もっと早く登場して欲しかったですよね。まだWIMAXを3年使っていないのに、料金がもったいないです。

 

どんなときもWIFI
2019年11月に申し込むべきWIFIは「どんなときもWIFI」が必須です。

【実証済み】ホントにどこでもネットがつながります。携帯がつながるところならOKです。
なんでもっと早く登場しなかったのか。

工事なしで使えて、最短翌日には手元に届きます。
まだまだいろんな実証をお伝えしていきます。

おすすめ度
ポイント1【評判多数】WIMAXから乗り換える人続出
ポイント2月額料金は3,980円と手軽に使える
ポイント33大キャリア回線をいいとこどり

☞詳細ページ☞公式サイト

BroadWIMAX

2019年11月に申し込むべきWIMAXサイトは「BroadWIMAX」です。
2,726円から料金がスタート。最終的に4,011円に。工事もなく光回線より安い。

最新端末代金がタダで使え、送料もなし。

auスマホがあれば、「auスマートバリュー」で割引が使えます

おすすめ度
ポイント1主なWIMAX5社の中で最も料金が安い
ポイント28日以内のクーリングオフが返品可能で安心
ポイント3WIMAX他社からの乗り換えで違約金負担サービスあり
GMOとくとくBB

3位は「GMOとくとくBB」です。9月のキャッシュバックは最大34,800円です。
東証一部にも上場している大企業なので、安心度も抜群です。
「初めてで不安」な方には、GMOなら20日以内の解約違約金無料サービスもあり。
おすすめ度
ポイント1現金キャッシュバック最大34,800円!
ポイント2月額料金3,609円~。
ポイント3【安心】東証一部上場企業で契約しやすい

☞GMOとくとくBBのサイトはこちら