ポケットWIFI

ポケットWIFI、LTEとWIMAX比較!どっちが良いか教えて!

ワイ君
ワイ君
ポケットWIFIってLTEとWIMAXがあるんですよね。
ファイ先生
ファイ先生
そうだね。けっこう悩む人は多いよ。
ワイ君
ワイ君
LTEとWIMAXの違いもそうですが、ポケットWIFIと比べてどれが一番良いんですか?
ファイ先生
ファイ先生
違いとおすすめを紹介していこう!

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

ポケットWIFIはLTEとWIMAXに分かれる。押しはWIMAX

ポケットWIFIはWIMAXとLTEの2種類の回線に分けることができます。押しはWIMAXを利用した回線です。

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

WIMAXは通信無制限で快適に楽しめる

WIMAX回線は通信無制限で快適にネットを利用できます。比べてLTEは月に7GBしか楽しむことができません。

主なポケットWIFIの比較図

ポケットWIFI 会社別比較表

上の図を見てください。ポケットWIFIは主にWIMAX、au、Y!mobile、Softbank、docomoが発売しています。

5社を比較するとWIMAXがおすすめなのが明らかにわかります。速度はWIMAXとauが良く、料金面ではWIMAXとSoftbankが勝っています。

WIMAX以外の4社は主に携帯業界に力を入れているんです。なのでポケットWIFIはどうしても少し施策や特典が弱くなってしまうんですね。

しかしWIMAXは携帯を出していないので、WIMAX一本勝負です。そりゃWIMAXの特典も強くなりますよね。

WIMAX jdpower

WIMAXはJ.Dパワー調べにより、お客様満足度も第1位を獲得しています。やはり工事不要で無制限ネットが楽しめるのはうれしいことなんですね。

 

LTE回線はWIMAX機器でも利用できる

実はWIMAX回線の機器で、LTE回線も利用することもできます。

WIMAX au4GLTE

最近のWIMAX機器には「ハイスピードプラスエリアモード」と呼ばれる機能が無料で付いています。

通常、WIMAX機器では「WIMAX2+」高速回線だけが使えるのですが、「ハイスピードプラスエリアモード」にすると、一時的にLTE回線を使えるようになります。

LTE回線はWIMAX回線に比べて速度では劣りますが、障害物に強い特性があります。

山などの過疎地、またWIMAXがまだエリア外の場所では、少しだけLTE回線でネットを楽しむことができます。

※ただし、「ハイスピードプラスエリアモード」のLTEは無制限ではなく、7GBの通信制限があります。使いすぎには注意を。

「ハイスピードプラスエリアモード」で7GB超えると、WIMAX回線も同様に1か月制限を受けるので、本当の切り札として取っておくべきでしょう。

 

ポケットWIFIでWIMAXとLTEを5つの点から比較

簡単にWIMAXがLTEより押しの理由は述べました。

ここからは、WIMAXとLTEを比較して、さらにWIMAXが押しの理由も書いていきましょう。

WIMAXとLTEを5つの点から比較
  1.  WIMAXは回線数3,100万回線突破!エリアまだまだ拡大中
  2.  WIMAX回線機種はすべて機種代がタダ
  3.  通信無制限のWIMAXと7GBのLTE
  4.  料金はWIMAXの方が安く使える
  5.  WIMAX回線は「WIMAX2+」周波数増加でますます速くなる

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

① WIMAXは回線数3,300万回線突破!エリアまだまだ拡大中

年ごとのWIMAX契約者数

引用:UQコミュニケーションズ

WIMAXの回線数は、2019年に入って3,300万回線を突破しています!

エリアもまだまだ拡大中ですし、これからも使いやすさと契約者数は増えていくでしょう。

しかしLTEはもうエリアが増えることはほとんどありません。ほぼ繋ぐところは繋いだと言っても良いでしょう。

 

② WIMAX回線機種はすべて機種代がタダ

WIMAX回線の機種はすべて本体代金がタダで手に入ります。これ実質とかではなく、完全にタダです。

LTE回線をもつ、au、docomoなどは基本20,000~30,000円ほど本体代金がかかります。普通ですよね。

しかしWIMAX回線の機種はタダで手に入ります。条件もないのでかなりお得ですよ。

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

③ 通信無制限のWIMAXと7GBのLTE

先も述べましたが、WIMAX回線は月の通信量無制限で利用できます。しかしLTE回線は7GB制限です。

LTE回線はもうパンパンなんです。携帯にもモバイルWIFIにも使用していますから。

なので月のデータ量に制限をかけて不便にするしかないのですが、WIMAX回線は比較的まだ新しい回線なので余裕があるんですね。

余裕があるということは繋がりやすいとも言えるので、それだけ使いやすいとも言えます。

 

④ WIMAXは料金が安くてお得に使える

WIMAXは料金がLTE回線に比べて安いです。

主なポケットWIFIの比較図

ポケットWIFI 会社別比較表

毎月の実質料金は3,100円ほど。なぜこんなに安いかと実店舗がほとんどないためです。

au、Y!mobile、Softbank、docomoは、各都道府県の電気店やショップでかなり見ることができますが、WIMAXの店舗はほとんどありません。

これは、店舗を出して不必要な人件費を出すことを避けるためなんですね。

人件費をなくして、その分のお金を特典やキャッシュバックに回しています。そのため実質料金がこれだけ安くなるんです。

料金より、店舗で説明を受けたい!という人にはおすすめできませんが、料金が安いのはやはり魅力的です。

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

⑤ WIMAX回線は「WIMAX2+」周波数増加でますます速くなる

WIMAX回線には、昔からある「WIMAX」と、新しい「WIMAX2+」回線があります。

この「WIMAX」回線が2020年3月31日をもって終了し、使用していた周波数が「WIMAX2+」で使われることになります。

旧WIMAX回線終了の図

停波トップ.PNG

使える周波数が増えるので、ネットの混雑も防げますし、さらにWIMAX2+の利用しやすさが大きくなります。

 

WIMAX利用者の口コミ / 実際の評判はやはり良かった

WIMAX 口コミ 評判

実際にWIMAXを使っている人の評判を見てみました。良い評判も悪い評判もありますね。

WIMAXの良い評判

WIMAX 良い評判
女性の口コミ
女性の口コミ
速度も快適で満足!
女性の口コミ
女性の口コミ
無制限でネットが利用できるのはうれしい

速度や通信無制限が良い!って意見が多く見られました。固定回線からポケットWIFIにして不安だったけど、特に問題は感じなかったのが意見の理由でしょう。

WIMAXの良くない評判

WIMAX 悪い評判
男性の口コミ
男性の口コミ
とりあえず契約だけはしてる
男性の口コミ
男性の口コミ
最近すごく途切れることがある

最近途切れたりすることがある!、まあ満足もしていないが、不満足もしていない、ような意見が多く見られました。大きい不満はないようですね。

途切れるというのは、けっこう端末異常の可能性が大きいですね。連続して何日も使い続けると、機械なのでどうしても異常が起きることがあります。

良い評判と良くない評判を確認できました。ポケットWIFIの使用は、使う方によって満足度も違ってくるので当然評判は分かれます。

悪い評判はあまり見られなく、あるのは契約会社に対しての不満でした。WIMAX自体への低評価はほぼなし。

「回線速度速くて満足!」という評判が多く、実際の利用にはおすすめと判断できます。

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

WIMAXの契約プロバイダは「Broad WIMAX」一択です。

Broad WIMAX

WIMAXの契約できるプロバイダも競争が年々激しくなってきています。その都度おすすめできるプロバイダを紹介していこうと考えています。

【2019年11月現在】

契約するWIMAXプロバイダは「Broad WIMAX」で決定です。

押しのプロバイダがBroad WIMAXの理由
  1.  3年間の総合料金が最も安い
  2.  8日以内のクーリングオフ制度で返品可能
  3.  特典をもらう条件がやさしい

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

① 3年間の総合料金が最も安い

Broad WIMAXは、3年間の総合料金が最も安くて損をしません。

WIMAXを契約するのはWEBという話は先ほどしましたが、どのWEBサイトでも良いというわけではありません。

同じWIMAXを契約するにも、契約先プロバイダによってキャンペーンが違うんです。その中でもBroad WIMAXが大きいんですが、下の表をみてください。

プロバイダ別:3年間総合料金とキャッシュバック

 実質料金/3年キャッシュバック実質月額
Broad
WIMAX
125,215円0円3,478円
So-net129,699円0円3,602円
GMO131,874円32,050円3,663円
カシモ132,690円0円3,685円
UQ
WIMAX
149,427円10,000円4,150円

GMOはキャッシュバックがあって、一見お得!?と思うかもですが、総合料金でいえば、Broad WIMAXには適いません。

なぜ安いのかはいろいろあり、③にもつながりますがBroad WIMAXは大企業なのが大きいです。その分お金も実績もありますから、大きいキャンペーンを展開できます。

なぜ安いかというと、WEB限定申しこみだからです。Broad WIMAXは店舗販売も行っていますが、基本はネットだけで運営しています。

つまり、店舗費も節約、人件費がほぼかからないんですね。なので特典にまわってくるお金が多くなり、私たちユーザーの負担額が安くなるんです。

WEB限定申し込みだから、支払うお金が少なくなるってことですね。

  •  Broad WIMAXは3年間の総合料金が最も安い
  •  総合料金を安くできるのはWEB限定申し込みだから。WEB限定にしてるのは人件費節約のため。つまり、総合料金が安いのは、人件費をかけていないから。

 

② 8日以内のクーリングオフ制度で返品可能

8日以内の申請で契約キャンセルが可能

WIMAXにはクーリングオフ制度があります。それは契約した書面をもらった日から8日以内なら契約解除できる制度です。※初期費用3,000円だけは必要

WIMAXを契約解除する理由のほとんどが「速度が遅い!」って人なんです。

そこで初期契約解除といわれるクーリングオフを使うわけなんです。これは法律で決められているんですね。

「やっぱり思っていたのと違ったな」と思ったら、端末到着8日以内に申請を行って、商品一式を返却できます。(端末が入っていた箱もです)

  •  事務手数料3,000円と返送料は自己負担
  •  商品が破損していた場合は20,000円がかかる

☞【2019年11月】WIMAXの公式サイトはこちら

☞【必須記事】損しないWIMAX契約先はどこか?

  •  WIMAX契約者数3,300万人突破!
  • 毎月の金額が実質3,478円で使用可能
  •  工事がなく、機種が1~3日で届きすぐ利用できる

 

③ 特典をもらう条件がやさしい

Broad WIMAXでは、特典をもらう条件がやさしくてラクです。

Broad WIMAXの特典は大きく3つあります。

Broad WIMAXの特典
  1.  初期費用18,857円⇒0円にする制度
  2.  端末代金0円特典
  3.  他社WIFI違約金負担サービス

 

① 初期費用18,857円⇒0円にする制度

通常18,857円かかる初期費用が2つの条件で完全無料になります。

初期費用0円にする条件
  •  支払いは「クレジットカード」払いにする
  •  2つのオプションサービスに入る

支払いを「クレジットカード」払いにするのは簡単です。ほとんどの方が行っています。

気になるのは2つのオプションサービスですが、「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」です。

「My Broadサポート」は、WIMAXについて不明なことがあるときに聞くことができるサービスです。

「安心サポートプラス」は、WIMAXが壊れたときに直してもらえるサービス。保険ですね。

2つのオプションサービスは、端末到着後にすぐ解約してしまいましょう。それでOKです。

 

② 端末代金0円特典

初期費用0円!Web割キャンペーン

Broad WIMAXでは端末代金が、最新機種でも完全に0円です。

条件は全くありません。20,000~40,000円相当するWIMAXがタダになるのでかなりお得です。

 

③ 他社WIFI違約金負担サービス

違約金当社負担!

他社WIFIサービスから乗り換える際の違約金19,000円分を負担してくれます。

WIMAX会社でこのサービスがあるのは「Broad WIMAX」だけです。

ポケットWIFIは工事不要ですぐ使えて、どこでも使えるのがメリットです。しかし辞めるときはやはり解約金がかかります。

男性の口コミ
男性の口コミ
WIMAXに乗り換えようかな

今契約中のポケットWIFIを解約して、WIMAXにしたい人にはお得な特典です。

 

 

【まとめ】ポケットWIFIはLTEとWIMAXを比較すると、おすすめはWIMAX

まとめ

ポケットWIFIはLTEとWIMAXに分けられますが、おすすめはWIMAX回線の機種を利用することです。何より料金が安い。

WIMAXは通信料が無制限でネットを楽しめますし、LTE回線は設定を変えてWIMAX機種でも利用可能です。

WIMAXとLTEはさらに5つの点からも比較できますね。

WIMAXとLTEを5つの点から比較
  1.  WIMAXは回線数3,100万回線突破!エリアまだまだ拡大中
  2.  WIMAX回線機種はすべて機種代がタダ
  3.  通信無制限のWIMAXと7GBのLTE
  4.  料金はWIMAXの方が安く使える
  5.  WIMAX回線は「WIMAX2+」周波数増加でますます速くなる

もちろん、LTEの方が絶対に良い!という方もいらっしゃると思います。

ただWIMAXは端末代金がタダで、毎月の料金も安く、無制限でネットが使えるので、どうせなら損をしない方を選択していただきたいです。

2019年11月現在、WIFIの契約におすすめなWEB代理店、機種、契約プランは以下の方法です。

一番大事なことはここ読めば正直全てわかります。

WIFIのおすすめ契約方法
  •  WEB正規代理店:「どんなときもWiFi
  •  料金:3,480~3,980円(端末はレンタル)
  •  機種:D1(下り最大速度150Mbps)
  •  料金プラン:シンプルプラン(2年契約

本記事を読んでいただきありがとうございました。良ければ↓に「WIFI代理店ランキング」も作成したので、申し込み先の参考にしてくださいね。

 

WIFI おすすめ正規代理店ランキングベスト3

ランキング
ファイ先生
ファイ先生
WIFIはWEB正規代理店で申し込みが最もおトクな方法なんだ。これに尽きる! 
ワイ君
ワイ君
なんでですか?
ファイ先生
ファイ先生
WEB正規代理店は人件費がかからず、浮いたお金を私たちお客側に還元できるんだ。だからその分キャンペーン額も大きくなるんだ。

 

2019年3月に登場した「どんなときもWIFI」はWIMAXと比較して、完全に【買い】です。

実際に「どんなときもWIFI」と「WIMAX」の2台持ちで比較します

どんなときもWIFI WIMAX 2台持ち
  •  データ無制限でネット使い放題
  •  月額料金3,980円で利用可能
  •  トリプルキャリアでどこでも使える

もっと早く登場して欲しかったですよね。まだWIMAXを3年使っていないのに、料金がもったいないです。

 

どんなときもWIFI
2019年11月に申し込むべきWIFIは「どんなときもWIFI」が必須です。

【実証済み】ホントにどこでもネットがつながります。携帯がつながるところならOKです。
なんでもっと早く登場しなかったのか。

工事なしで使えて、最短翌日には手元に届きます。
まだまだいろんな実証をお伝えしていきます。

おすすめ度
ポイント1【評判多数】WIMAXから乗り換える人続出
ポイント2月額料金は3,980円と手軽に使える
ポイント33大キャリア回線をいいとこどり

☞詳細ページ☞公式サイト

BroadWIMAX

2019年11月に申し込むべきWIMAXサイトは「BroadWIMAX」です。
2,726円から料金がスタート。最終的に4,011円に。工事もなく光回線より安い。

最新端末代金がタダで使え、送料もなし。

auスマホがあれば、「auスマートバリュー」で割引が使えます

おすすめ度
ポイント1主なWIMAX5社の中で最も料金が安い
ポイント28日以内のクーリングオフが返品可能で安心
ポイント3WIMAX他社からの乗り換えで違約金負担サービスあり
GMOとくとくBB

3位は「GMOとくとくBB」です。9月のキャッシュバックは最大34,800円です。
東証一部にも上場している大企業なので、安心度も抜群です。
「初めてで不安」な方には、GMOなら20日以内の解約違約金無料サービスもあり。
おすすめ度
ポイント1現金キャッシュバック最大34,800円!
ポイント2月額料金3,609円~。
ポイント3【安心】東証一部上場企業で契約しやすい

☞GMOとくとくBBのサイトはこちら